前へ
次へ

相手の心に響く名刺の作成をしましょう

名刺はその人の顔になります。
初めて商談であった人を改めて思い出す時、差し出されたものを見てどれだけの印象を残すことができるでしょうか。
名刺を管理している人に対して意味のあるものを作成しなければ、ビジネスツールとして最大限の効果を引き出すことはできません。
名刺はいかに自分のことの印象強く覚えていてくれるかがポイントです。
文字だらけのものを使用していると差別化を図ることはできません。
まずは書式を相手に響くものに変更していきましょう。
自分の顔を覚えてもらうためには視覚的なイメージと一緒に覚えてもらうのが効果的です。
顔写真を載せることや、カラーにすることで視覚に刺激を与えることができます。
名刺のイメージに合う色合いは社章の色と合わせて構築することで、ただ派手なものではなく全体的な色合いのバランスも考慮して作成していきます。
受け取った時には日付を書くなどの管理をしている人のいるので、相手と出会った際の季節や状況、今後の展開などを書き留めておくと、次に商談する際に話がまとまりやすくなります。

Page Top