前へ
次へ

プライベートな場面でも活躍する名刺について

名刺とは、小型の紙片に自分の氏名、住所、電話番号、身分といった情報を記載したもので、初対面の相手と接する際、自己紹介目的の一環として相手と交換したり、手渡したりして用いますが、新規顧客開拓や異業種交流会での人脈拡大といったビジネスの場面だけでなく、最近はプライベートな場面でも用いられるようになってきました。
名刺の作成というと、印刷業者に依頼をすることが一般的ですが、今ではパソコン、プリンターがあれば簡単に作成できますし、作成ソフト付きの専用用紙も市販されています。
私的に用いられる場面としては、親しい友人同士の集まり、共通の趣味を持つ仲間同士の交流会の他、最近で言えばママ友同士の交流の場においても用いられるようになってきています。
名刺に記載する内容としては、氏名、住所、電話番号、メールアドレスといった情報の他、最近で言えば自分が手掛けているブログのURLや、LINEのアカウント等を載せることもあります。
また、私的な場面ですので、氏名は本名ではなく、ハンドルネーム等、仮の名前を記載するケースもよく見かけます。
このように、名刺は私的な交友を広げる目的においても重要な意味を持つツールであるといえます。

Page Top