前へ
次へ

ビジネスマナーが問われる名刺交換

ビジネスシーンにおいて、名刺が果たす役割は非常に大きく、自分を表現するものとして、いわば自分の顔といっていい存在です。
それだけに、取引先の担当者と名刺交換をする際はビジネスマナーを守り、相手方に不愉快な思いや、無知と思われないように注意を払う必要があります。
それだけに気づかないうちに相手方に失礼な態度を取っていて、このことが原因で交渉が行き詰まったり、失敗に終わってしまうケースもありますので、ビジネスマナーを守って相手方に失礼がないようにしないといけません。
基本的に名刺交換する際、立ち位置が低い人間の方が先に差し出すのが基本で、お金を出す方が上位に立ちます。
もし自社の製品を扱ってほしいと営業に行った場合、お金を出すのは営業先の会社であるので、自分から営業先の人に差し出す必要があります。
上記のように基本的には目下の人間が先に差し出すことになりますが、名刺交換に際しこのように上下の関係を築くことは相手を見下すことになるので、最近のトレンドとしては同時に差し出すことになってきています。

Page Top